@表層土壌調査

土壌分析スタッフを現地に派遣し、適切な位置において分析試料を採取します。表層土壌調査では、地表面から地表面下50cmのサンプリングを行います。

表層試料の採取時に、試料の性状と採取孔の状態を観察します。

採取した試料は室内に持ち帰り、分析項目に合わせた検体として前処理します。国の環境基準に準拠して、土壌中に汚染物質を解析し、土壌汚染の有無を判定します。

 
 
A土壌ガス調査

土壌分析スタッフを現地に派遣し、適切な位において、土壌ガスを採取し調査を行います。

 
 
Bボ−リング調査
 

表層土壌調査と土壌ガス調査による概況調査の結果、土壌汚染が確認された場合、ボ−リングによる深部土壌および地下水の詳細調査を行います。

 
 
 

※公正な分析結果を得るために、環境計量証明事業所である(財)東海技術センタ−に分析を委託しています。

 
  ■ 関連サイトリンク 「(財)東海技術センタ−」 http://www.ttc-web.com/
 
 

フェ−ズT ・ フェ−ズV

 
 
Copyright (C) 株式会社アイコ (AICO) All Rights Reserved.